北海道の山登山
【小樽付近の山】(朝里)天狗岳 標高683m
平成25年10月5日 土曜日 天気晴
茶線下り一箇所迷いやすい所登りはテ−プ赤ペンキ見ているから迷わず登れた
帰り曲がり角踏み跡らしき辿って迷う、真っ直ぐ藪漕ぎ行けるが来た道戻る。
朝7時40分交通量少ない、朝里峠下りた橋の上,朝里天狗岳、後ろは毛無山。
道々1号線小樽から10.8q表示が登山口 すぐ下に魚留の滝がある
(朝里)天狗岳1.5qの表示分かりやすい。
刈り分け道、送電線保守道。
標高383m落差300m 8時出発
一番目鉄塔下くぐる
急登だが登りやすい 二番目鉄塔くぐる、ここからアップダウン
ハゼの紅葉、全般紅葉は早いがハゼは早い。 来た道振り返る
沢を渡る、これ登っても行ける
そうですが登山靴では無理です。
アップダウンの道、階段こんなの始めて
三つ目の鉄塔くぐる、これ過ぎると
左側を見て行く〜
よそ見していると行き過ぎます木に赤ペンキで
天狗岳←が書いてあります。笹被りの道に
なります、踏み跡はしっかり付いている。
さっきの沢渡りの上、沢覘くが止めた方が良い。 こんな道テ−プ紐がある、踏み跡は
しっかり付いている。
水玉所々だが気に入った! 色々なのがあるが道標だ『ありがたい』
この辺は迷いやすい、先の標見えなかったら踏み跡確かめて、
下りには気をつけて藪が薄い!先に標がなかったら必ず戻る事!
テ−プは薄くなって見づらいが赤ペンキ
今回はこれに助けられた。
樹林が開ける岩場
頂上10時休み休み来た看板曲がっていた
真っ直ぐにして記念撮影だが
小樽方面?
朝里峠!紅葉は今一早い、朝里岳はつまらない!
見晴らしは良いが小樽が見えるはずだが?
先に水玉紐、踏み跡がある時間はある行って見る、リックはここに置いて鬱蒼とした尾根道、テ−プ紐があるGPSはリック迷う事はない薄い藪、分けて!
15分で肩に着く 遠くに積丹の山並
朝里ダム、朝里市街、小樽が見える、来て良かった!
アップして
小樽市街 紅葉は今一
石倉山かな夏道藪漕ぎらしい
遠くに増毛山地。
10時30分下山、天狗岳と屏風岳は雪道
11時40分登山口 車で昼飯 12時10分魚留の滝を見に行く
定山渓から来ると見えません。
送電線下を通り左笹分ける これは魚登れない
この滝、道々1号線通るたびに見たかった念願かなう。
13時登山口 滝見、往復50分

登山口〜2時間〜頂上〜15分〜肩展望台〜1時間10分〜登山口
コ−スタイム 3時間40分 休息含む

帰り登山道薄い、違う踏み跡辿って迷うが、藪漕げば行けるが、登山道に戻る。






inserted by FC2 system