北海道の山登山
【札幌近郊の山】 盤の沢山(盤龍山)
三角点標高893m  中瘤928m  最高点939m 平成28年5月~10月19日
 
 盤龍山は夏道のない山です、残雪期3回登りましたが雪の柔らかい時期は登り大変です。
藪漕ぎ登山は大変、道を造りながら登ってみる、ここまで9回目やっと最高点に辿り着いた。9月30日

 
 兜峰から盤の沢山全景
 石碑から砂利道を行く 10/19撮影 豊滝市民の森駐車場 上の建物盤龍山信行院 8時出発  
歩いてみたが花の時期、楽しめる 盤龍山信行院本殿
 
本殿に向かって右に散策路
真直ぐは自然歩道テ-プから向かって右切、標示はありません。
自然歩道利用させてもらっている、表示付けられない。
テ-プ二本 白樺横が目印、まっすぐ行くと藪漕ぎになります。
沢状に下りる笹荒刈り 林道を渡るここに初めて表示がある
沢状  草藪は薄い
二つ目の林道渡る、藪は薄いが急登になる。
林道は廃道、使われていない、先は盤の沢林道に出る。
盤の沢林道からくると遠回り。草漕ぎになる。
沢状この先で終わり、斜面トラバ-スとなる。 前瘤トラバ-ス気味の登り、斜面急ずり落ちないよう行く。
木が密集木をつかみながら登る。
樹木がびっしり滑落することはない。
熊の気配あちこちにある、30日は糞はなかったが9回登って4個 
瘤のコルここまで、これから先は倒木もある。
28年はドングリ豊作かな、熊の餌 クルミも落ちている。

鹿道急登だが、登りやすくなる 稜線に出るが立ち木が密集コ-ス、右に行ったり左に行ったり
稜線に入ると木が多くなる、倒木、もある、28年は大丈夫だが
 
三角点  夏は展望なし
 最高点は中瘤を通ってまだ先 ここも展望なし残雪期は樹木の間から見える。
笹刈倒木片付けながらの登山9回かかった。
 
 
 最高点、展望開ける、左は支笏湖方面の山、空沼岳、右は札幌岳  パノラマ3枚つなぎ
 
 10月19日撮影紅葉は今一だった。  パノラマ3枚つなぎ
かすんでいるが アップして支笏湖方面の山 イチャンコッペ山、紋別岳、幌平山   上下カット
空沼岳    札幌岳
 かすんで夕張岳、手前、藤野富士  上下カット
盤龍山信行院の祀事の時は車が一杯になる。  9/15     盤の沢山は前瘤、三角点、中瘤、最高点となっている 10/19撮影


盤の沢山は昔、盤龍山信行院の行者が登ったらしいが、夏道はない、残雪期3回登ったが、夏道薮漕いで
まで登りたくないバスで来れる山、笹刈りながら登って見るが、この山は、ドングリの木、クルミ、山ぶどう、
こくわ、などが生えている、熊の餌場だ、稜線にも登っているとみえる、所々に糞がある。

一応荒道だが踏み跡はつけたが、急登、荒道、迷う地形、クマがいる、夏道登山には無理があると思う。
 

平成28年9月30日
GPSトリップメ-タ-  登山口、盤龍山信行院~最高点~登山口、盤龍山信行院
走行距離4.51km 移動時間2時間2分   停止時間5時間15分、作業休息含む

  札幌近郊の山
   
inserted by FC2 system