北海道の山登山
札幌近郊の山 鳥帽子岳標高 1110神威岳標高 983
平成13年6月24日 天気 晴    平成22年6月 5日 天気   【平成29年6月5日 天気 晴 (更新)】

 
16年経っている神威岳の登山内容は変わっている、隣の山,鳥帽子岳を縦走して更新する。 
定山渓小天狗岳から・神威岳と鳥帽子
神威岳登っている鳥帽子岳先に登る。
道路情報札幌方面から国道230号線、
小金湯温泉を過ぎ百松橋バス停右折.
 橋を渡りすぐ右に百松沢小屋。  駐車場 現在トイレはない
少し行くとゲ−ト手前駐車場、林道は崖崩れ恐れあり車は通れない。 
林道歩き1時間20分。ゲ−ト登山口
 
20分くらいの所に神威岳の看板左折、近道を行く。
近道は、アップダウンがあるが歩きやすい。

 自然歩道6月初めいろいろな花が咲いている
コンロンソウ、ニリンソウ
ノビネチドリ  クルマバソウ
 
 林道に出る、林道歩きは帰り楽な様で疲れる。 林道終点が本格的な登山道 
この様な登山道  登りつめると神威岳が間近に見える所に出る。
左の尾根つたいに登る。登山道は細い、
踏み外さないように気を付ける。
 
第一ロ−プ   急な所にはロ−プ この辺には倒木  29/6/5
 身体大柄な人はすり抜け大変だろう  29/6/5 この辺の尾根道に入ると神威岳が形を変えて見える。 
願望台の表示昔からある  神威岳左回り込んで登る 
 
 左の沢から右の尾根に回り込む登山道
 三番目のロ−プ、滑る慎重に上る、ロ−プ太い安心して頼れる。 神威岳がまじか左から回り込んで登る。 
  分岐・標高約950m鳥帽子岳先に回る、コルまで落差70m、
吊り尾根笹薮分けシンドイ下りだからよいが、返しが心配。
 目指す鳥絵帽子岳、約230mのアップ笹分け下が見えない小木、
根がある、つまずかないよう歩く、細尾根もあるこけたらお終いだ!
 吊り尾根にはヤマツツジが満開 29/6/5  鳥帽子岳の登りに入るが、振り返る落差、吊り尾根帰り思いやられる。
分岐から笹分け体力消耗する。
 笹分け開けるとガラバ  踏み跡はあるが浮石気を付けて上がる。
この斜面お花畑フウロ、シラネオアオイ、ハクサンチドリなど咲いている  29/6/5 
山頂 尾根道に出るが笹分け山頂まで長く感じる。 山頂着くが雪が残っている29/6/5 
先は道がない笹漕ぎして
 三角点  前回は雪の下だった、今年は雪が少なかった 山  頂 
   
   
   

登山口から吊り尾根まで咲いていた花々
立派な葉のエンレイソウ
実がつき始めている
ミヤマエンレイソウ、
首が曲がっている
シラネアオイ至る所に
ニリンソウも至る所に オオカメノキ満開 ヤマツツジ今が旬
神威岳山頂直下はシラネアオイ満開



鳥帽子岳〜神威岳2へ続く

inserted by FC2 system