続き
 
鳥帽子岳〜神威岳

鳥帽子岳山頂の展望、 樹林でさえぎられるが真ん中だけ無意根山が格好いい、羊蹄山は頭だけ。 29/6/5

 鳥帽子岳の肩ここは展望良い  29/6/5  でも登り返し思いやられる 29/6/5
 
遠景かすんでいるが、かすかに増毛山地が見える  29/6/5
 
鳥帽子岳下山は百松沢山を見ながらの下山、22/6/5
登りはきついが下山はそうでもない。神威岳の登り落差約103m。
 ヤマツツジ今咲き処
   

下の画像は   22/6/5
山頂 百松沢山目の前に見える 22/6/5
遠景は霞むがまずまずの展望、ヤマザクラが咲いている。
 霞むが札幌市遠望 藤野四山 
       
定山渓天狗岳、後方に余市岳まだ雪に覆われている。13/6/22
 
 かすんでるが、左に支笏湖方面の山並が遠望。13/6/24
 
下の画像は  22/6/5 

これらの花が登山道に咲いている。 
フラワ−ロ−ド・山頂直下シラネアオイ・スミレ満開 22/6/5

 平成13年6月24日 神威岳
12時下山尾根道は急だ慎重に下りる。名前の分からない春の小さな花が咲いている。
神威岳は標高983mの低山だが、林道歩きが多く長く感じる。 
運動不足ふくらはぎ・ももが痛い休み々下だり3時間50分かかる。
到着15時50分 コ−スタイム8時間10分

 
平成29年6月5日 鳥帽子岳
登山口〜4時間〜鳥帽子岳分岐〜1時間30分〜鳥帽子岳〜1時間〜鳥帽子岳分岐〜3時間〜登山口
コ−スタイム11時間休みが多いです参考になりません、写真の好きな人は参考に。
 

                  
                    先頭のペ−ジに戻る 


inserted by FC2 system