北海道の山登山 PART24
支笏湖付近の山 恵 庭 岳 標高 1.320m
平成15年9月21日 天気晴時々曇

恵庭岳は2度目の登山です。平成127月登山はじめたばかりだから登山に苦労しました。
恵庭岳は急峻な山、慎重にゆっくりの登山です。
平成
13年山頂に崩落があり、登山禁止になっているはず、
どこまで登れるか登って見る。
丸駒温泉行く交差点手前・右折。 道路脇に止める。出発 6時20分
砂防ダムの横を通って涸沢を行く。 最初のロ−プちょとした急坂。 とどまつ林を行く。
登り専門のロ−プ、急な所 オオカメノキ 実が赤くなる ヤマハハコが道脇に、いたる
所に咲いている。
岩礫の道ジグザク急になって来る。ここは危険な所、慎重に、ゴムつきの軍手
すべらなくて良い、ロ-プをにぎりバランスを取りながら登る。下り専用も急、
登り以上に小幅に滑らない様に足場に気を付ける。

ツバメオモトがとど松林の斜面に一面に実を付けて生えている。6月白い小さな花が咲くだろう。恵庭岳は急峻な山、岩礫の道、石につまずかない様に気を付けてゆっくり休み休み登る。
デジタル
35mmフジリバ−サルフイルム
見晴台に出る。9時20分
見晴台から危険の看板、行ける所まで行って見る。
カラスも登山? 眼下に支笏湖・紋別岳・支笏湖温泉。
爆裂火口の尾根下の樹林を行く。頂上に回り込む、
見晴らしの良い所で登山禁止。9時55分ここで昼食。
岩塔、左側崩落の後が見える、亀裂がある、
いつ崩れるかわからない。無視して行く
人がいるが危険だ。
ポジiso400
爆裂火口の前の尾根、ここだけ
紅葉している。
山頂が見えるが、ここでも見晴らし良し。登山禁止の看板、後15分で山頂だがやめる。 羊蹄山・今日は良く見える。FUJICHROME400・ポジ・デジカメの違いはっきりわかる。オ−ト
登山届の小屋に千歳登山会が(万ガ一)でなく(千ガ一)と書いてあった本当にそうだ。

早く着いた、ここでゆっくりする。ここは爆裂火口の崖尾根の上、崩れそうな所、ここも見晴台から見ると危ない所だ。一望は出来ないが支笏湖・札幌方面は最高な景色、ニセコ方面も樹木越しに見える。
平成12年7月の山頂写真。 今は岩塔下の
岩の上にある。
手前、空沼岳・手稲山遠望 中央・無意根山3枚フイルム オコタンペ湖。
平成12年7月山頂からこの様に見える。
イワブクロ花終わって紅葉 (デジカメ) 爆裂火口、噴煙あげている。
高度感バツグン。(フィルム)

10時30分下山 この山は急だ、ゆっくり降りる。 到着 13時30分  コ-スタイム7時間10分

【温 泉】支笏湖丸駒温泉・露天風呂は最高だが。入浴料が高いのが玉に傷、1、000円・・・・
今日は汗をかいた、水肥りだから2kgやせる、60.7kg。
何もしていない時は63.6kg前後、やっと60kgの数字がでる。標準体重は55kgほど遠い・・・・・

【カメラ】

 
ニコンcoolpix200 200万画素 オ−ト。
ミノルタ35mm小型オ−トカメラ FUJICHROME iso400 オ−ト。
今回はフイルムFUJICHROME400とデジカメ200万画素を比較して見る。
フイルム派の気持ちわかる。

 




inserted by FC2 system