北海道の山登山
        小樽方面の山 春 香 山(春香沢コ−ス)標高906.9m
      平成17年8月14日 日曜日 天気くもり

  春香山登山は2コ−スある、桂岡コ−ス・春香沢コ−スがある。 お盆の真ん中、渋滞を嫌って春香沢コ−スにする、渋滞を避け朝5時15分家を出る。
 【道路情報】札幌から230号線〜定山渓温泉から道道1号線(小樽〜定山渓)に入る定山渓ダムを過ぎ白滝覆道をくぐったら3分くらいで右に春香山小屋(高圧線の鉄塔)が見える。 

 春香山登山口
ゲ−ト・ここから林道歩き、ゲ−トが開いている事があるが車両は絶対に入らぬ事、工事車両が出入りしています閉められる恐れあります。 天気は晴のち曇りの天気予報だったが曇り、林道あるき、ちょうど良い。  
春香山小屋手前に広い駐車場がある。
ここは冬山の登山口 出発6,35分
シシウド
 砂利道だが整備されている車はまったく通らない林道貸切だ、二列で歩ける。
春香沢の流れの音を聞きながら森林浴、勾配あるのかないのかの林道心地良い。
二股に分かれるが左、銀嶺荘看板倒れている。
春香山雨量観測所、林道はここまでほどんと平ら
観測所過ぎると勾配が少しキツクなる。
二股左、銀嶺荘看板ある。右、銭函峠
風が無い静かだ、森林浴心地よい標識通り曲がる。
林道脇に咲いている花 
エゾアジサイ 
ハ−ブに似ている林道、
登山道に咲いている。
ノリウツギ
オオアマドコロの実かな?
ヤナギラン
キツリフネソウ
林道両側銀嶺荘まで春スミレ・マイズルソウなどが咲くようだ。
銀嶺荘、立派な山荘だ、管理人がいる様だ。 
少し戻って登山道に入る。
5〜6分も登った所、山の差し水の流れる
所がある雨の日は川になるようです。
エンレイソウの実
サンカヨウの実
20pもあるキノコ、デカイ
食べれないだろう!
この岩を登れば山頂、ロ−プがある危険な事は無い。 頂上・9時15分・コ−スタイム2時間40分
右に手稲山・定山渓天狗岳・後ろはモミジ・ナナカマド等の木々が生え展望悪い。 秋この木の紅葉が綺麗だろう。 正面に和宇尻山(856m)があり展望塞いでいる。 和宇尻山は登山道がないようだ。この先に三角点があるらしい、行って見るが大木倒れ、通せんぼやめる。
石狩湾の海岸線良く見える、
曇りで増毛山地見えず。下山9時40分
林道の白樺、幹が白く真っ直ぐ伸びている。

帰り同じ道を戻る、静かだ鶯が「ホ−ホケキョ」「上手上手」それにこたえて又「ホ−ホケキョ」春香山は銀嶺荘まで
林道歩き、林道も歩きやすい、登山道になってからは30分くらいです。春・秋が良い。

 春香山コ−スタイム
春香山登山口〜1時間〜春香山雨量観測所〜1時間〜銀嶺荘〜40分頂上・休憩25分
下山〜
1時間30分〜登山道入口〜1時間55分〜登山口  
   コ−スタイム6時間35分
  休憩・写真撮影・昼食時間含む。

15分下りた所で落し物に気付き山頂まで捜しながら戻る、どこに落したかわからず下山する。
戻らなければ山頂から登山口まで
2時間15分 全行程時間5時間30分 


         

inserted by FC2 system