北海道の山登山
【札幌近郊の山】 八 剣 山(中央コ−ス)標高.498m
平成22年10月30日 
土曜日 天気 晴
平成14年10月20日 中央口から西口へ縦走した、今回も同じコ−スを行こうと
計画したが立ち入り禁止で往復登山となった。赤は登り青は下り登山道雪でかくれる。
27日に降った雪が融けずつぼ足抜かりながら登る。
藤野3条9丁目(含笑寺)の信号右折バイバスを八剣トンネルをくぐり〜
右の三角屋根看板八剣果樹園右折
曲がる手前に市のトイレがある。
右折してすぐ八剣果樹園看板右折
右側に食堂、左にトイレの横が駐車場
観光牧場前が登山口〜
駐車場は下だが知らないでここまできてしまった8年前もここに停めた(私有地)。着くと登山口倒木でふさがれている片付ける今日は先日の重い雪で倒木覚悟する。
7時40分出発
積雪20p登山道はかくれ倒木はある道が分からない適当に山頂を見ながら沢状を登る。
南口分岐に出る〜 又登山道が分からなくなる
倒木帰り道を確かめてからにする〜
崖下に出ると登山道ははっきりしてきたが
倒木これは太いちょっと時間かかる〜
南斜面雪はやわらかい
抜かりながら北斜面に廻る〜
霞んでいるが簾舞、藤野方面〜
北側に廻るが雪が硬い所と柔らかい所、硬い所は危険長靴差し込んで行くロ−プは雪ノ下になっている所もある、一歩一歩ゆっくり行く。前瘤右を行く絶対尾根には行かない事上は靴巾リッジです。
昨年も11月初雪に登っている
ずぼずぼ穴を開けたほうが安全〜
このトラバ−ス夏道は危険度は少ないが
雪があると危険、慎重に行く〜
藤野三豊山、山頂の登りは急、岩.木.ロ−プ
につかまりながら雪に穴を開けながら登る。
この細い所、踏み跡がある
何年か前、八剣山で亡くなった人がいる
きっとこの尾根だと思う・・・
冬帽子かぶり始め
10時20分頂上看板色あせてきた
神威岳、鳥帽子岳、百松沢山
先は切り立った岩塔、展望は最高
霞んでいるが国道が下に空沼岳から札幌岳〜
定山渓天狗岳後ろに余市岳・左に雪山が遠望。
鳥帽子岳・百松沢山 砥石山、札幌近郊の山が連なっている
霞んでいるが最高な展望、低山だが360度ぐるっと見渡せる。
無意根山から余市岳まで雪山が連なっている。
西口コ−ス立ち入り禁止覘いてやめる、
ここは急坂です平成14年10月20日下る。
こんな所登ってきた危険です初心者は雪山はやめた方がよいです。途中二人二組登ってくる。
馬もなれたもの写真一時足止める
今日最大の倒木やっと通れるようになった。
帰り登山道らしき所を下りる。
到着12時30分昼飯ここで食べる
観光牧場ここの馬おとなしい。

登山口〜2時間40分〜頂上〜1時間50分〜登山口 参考になりません夏山ガイド参考に。

カメラ一眼レフ Nikon D40 610万画素 プログラムオ−ト

夏道は初心者向きの山ですが、雪道は経験者と登って下さい分岐以外表示は何もありません。
低山ですが360度見渡せて展望は最高の山です、登山の醍醐味をあじわせてくれます。

       


 
inserted by FC2 system