北海道の山登山
【増毛山地】  幌 天 狗 岳  標高1222m
平成22年4月19日 天気 晴れ

早朝3時50分家を出る豊平区だと当別廻り、
道々28号11号が近い、斗内果樹園前5時35分着く。
郡別岳林道下見、まだ林道雪で通れません5月連休の頃が良いと思います。
国道は入り口は『旭川の自然』のホ−ムペ−ジ見て下さい詳しく載っています。
カシミ−ル3D地形図 GPS軌跡  林道カットも迷う気をつけて 赤上り・茶下り
今年の雪融け遅いここまで除雪区間 5時50分出発
一週間もすれば融けると思う。
約500mで通常のゲ−ト登山口,かた雪つぼ足で行く
ゲ−トから5〜6分で林道分岐 今頃はネットで見ると渡渉だが、スノ−ブリッジをわたる。
昨夜雪3cm降ったスキ−跡消える林道カット急坂強いられる。 林道過ぎると平らな広い尾根、スキ−跡辿って
いるうちコ−ス外すGPS確かめながら戻る。
キツネの足跡
浜益岳が見えてくる なだらかな広い尾根に入るスキ−跡が時々見えなく
なるGPSとにらめっこテ−プがあるとホッとする。
見晴らしの良い広い尾根に出る左に浜益岳、山頂が見えるがまだ程遠い9時。
尾根が広い何処を通って良いのか、
時々地形図見るGPSと合っている。
スキ−跡なくなる、広い尾根の真ん中を行く
右左この様なところがあるコンパスに従う。
山頂が近くなってきたあれが手前の急坂 右に黄金山後ろに別狩岳かな
先日登った濃昼岳 いよいよ急坂の上り、氷化が融けアイゼン
いらない靴は刺さる直上りで行く。気温7度
樹木が小さい展望最高、見ながら登るから
速度が上がらない休み休み登る。
最後の詰め、ぬからないつぼ足
最高、真っ直ぐ行く
スキ−すごい腕、山頂から降りている。 あともう少し!息が切れる先へ進まない
風はない今日は最高な天気だ。二度と
これない何だかんだ登る。
真下に黄金山 ヤット山頂、昨日登った踏み跡
山頂冷気が吹き上げる、エビノシッポ
11時30分ヤット頂上に着く今日は
最後まで頑張った。
浜益岳二年前登った、あの時も天気が
良かった幌天狗登ることも想像もしなかった。
尾根伝いに郡別岳、奥徳富岳、郡別岳、昨年登ったが圧巻だ、
よく登れたものだ、時間があればすぐそこ行ける。
雄冬岳、暑寒別岳、郡別岳まだ真冬だ。
浜益御殿から雄冬岳登って見たい山12時下山する 山頂振り返るもう来れないだろう
帰り急坂慎重に下りる、急斜面スキ−ヤ−氷化融けした
斜面一杯に下りている、凄腕と度胸がないと下りれない。
山頂は冷たかったが、ここは気温10度無風暖かいここで昼飯。手製の杖、急坂は最高です、木製何処を握ってもokぐさりと刺さり安定する115cm。重いのに輪かん、アイゼン使わなかった。
登りここまで来ると迷う事はない登る時コンパスを山頂にあとは広い尾根の真ん中を行くこれが私のやり方です。



暖かい平らな尾根、自分の踏み跡消える、林道カットGPS確かめ下る。樹林急斜面スキ−ヤ−凄腕だ感心する。林道雪の下融けて流れている、時々踏み抜く、暖かい時は危険だ。帰りは早い15時20分車に着くこのコ−ス初心者無理です、地形図読める人、経験者と登って下さい。今頃は山スキ−上級者、今回はつぼ足最高だった、林道3回踏み抜いたが。幌天狗岳貸切こんな贅沢はない・・・

斗内果樹園前〜5時間20分〜頂上〜3時間20分〜斗内果樹園前 
コ−スタイム9時間30分   登り休み時間が多い参考になりません。
浜益郊外から・   カメラ Canon PowerShotSX110IS 900万画素 プログラムオ−ト


                        雪山登山目次


inserted by FC2 system