札幌近郊の山
百松沢山(北峰) 標高1038m (南峯)標高1043m 
平成27年3月15日 日曜日 天気.晴/曇
平成24年3月23日 金曜日 天気.晴時々曇・小雪

平成23年3月20日 日曜日 天気.晴

百松沢山は5度目の訪問です。映像は23〜27年を一つにまとめました。
  平和霊園道路14日に終わっている登山口に先客3台すぐ一台駐車場5台しか止められないまた一台が来たが
トイレの広い所に停めたようだ。7時50分出発先行者3人踏み跡かたまっている歩きやすい。すぐ二人に抜かされる。
スノ−ブリッジまだしっかりしているが川が開けてきている。
踏み跡はしっかりしている、つぼ足で行く。24/3例年
27/3/15 一つ目のスノ-ブリッジが流されなくなっている
今年は3月暖気雪解けが早い
この辺で二人も亡くなっている
濁流の時は中止しましょう。
少し下がったところにスノ-ブリッジがあった
二っつ目スノ−ブリッジこの沢支流、4月中過ぎると
川が開け通行困難になります雪山は終わりになります。
砂防ダムが見えてくると二股四つ目のスノ−ブリッジを
渡り24/3 例年はこの様に渡れる。
ダムの上から二股、右股と左股に分かれるが左股に行く
27/3/15 三つ目、この様に不安定スノ−ブリッジを恐る恐る渡る・・・
例年は右の所がスノ−ブリッジ
濁流の時は戻ってください。登山中止
砂防ダムの下のスノ−ブリッジ、ここもなくなっている
先行者スノ−シュ−はずして渡った、ダムの上に
スノ−ブリッジを探しに行く
二股のダム手前、四つ目のスノ−ブッリジ四つ目は
必ずこれを渡ってください渡らないとコ-ス外れます。
右股に行くことになりコ-ス大変だそうです(登った人)
左股この斜面林道跡に入るが、斜面のトラバ-ス、
雪崩ている注意、帰りが心配、先行者慎重に渡っている。
100mくらいだが上を見ながら渡る 5つ目のスノ−ブリッジ口は明けているが大丈夫。
林道跡の様な斜面に出る、この斜面も雪崩注意。 今回はテ-プがコ-スにぶら下がっている迷う事はない
ビニ-ルテ-プは風に弱い古い紐が今も健在
雪枝垂れ昨日の湿った雪、上に来ると新雪30cmはあるだろう。
急斜面に入る、登っては休みその繰り返しです。 この表示から二か所急登がある先行者がいるから
何とか登れる。ここで時間が食う。
この様な角度 この木が見えてきたから頂上近い
展望が開けてくる手稲山・ネオパラ天気が良い最高な展望・23/3/20撮影
これを登れば北峰、23/3 11時40分頂上  5時間もかかった
南峰に行く、アップダウンの急登  24/3 南峰頂上、曇って展望悪い


百松沢山南峰2へ続く
inserted by FC2 system