北海道の山登山
【札幌近郊の山】 喜茂別岳(裏の沢コ−ス)標高1177m 
平成23年10月5日 天気 晴時々曇
テレビ、ラジオ中山峠紅葉見ごろ、つられ喜茂別岳裏の沢歩道登って見る。
喜茂別方面から登る人はこのコ−スが良いです。
中山峠下りきって黒橋過ぎた所、
中岳線林道、今年からゲ−ト開放。
砂利、簡易舗装、道は良い
ユニ−クな表示2q見たら分岐近い。
この表示から舗装になる、 右のテ−プから右折、S字カ−プ過ぎると
道は広くなる、行き過ぎです。
草地の林道、車高低い車腹草擦ります、倒木もあります今回は何とか通れたが2本切ってきた、最近は林道荒れています。26/6/19
倒木で通れない時は中岳林道に止める。
少しいけるが行き止まりです。8時30分出発
駐車2〜3台停めれる。
中岳林道より1qで登山口
すぐ朽ちているが階段、歩道は前からあったようだ 9月に刈り分けしたのであろう、刈り分け前は笹わけと
だったと思います、ゆるい登り道は広い。
二股、テ−プに従って右に行く 朽ちているが側溝の蓋、
林道跡を歩道にしたのだろう
両側笹の壁、笹の間から小喜茂別岳 ここから見ると三角点の方が高く見えるが!
展望が良くなってくる 右の尾根下雪が積もっている
今日は長靴で来た正解だった。
喜茂別尾根下は少しハイマツ漕ぎ刈払機この様な所は
大変残してある冬道はこの上をピ−ク越えて行った。
ここから笹整備されている三角点が見えてくる、左の笹壁の
上が最高点、道なし!溝が見えるが雨で流された痕です。
尻別岳、羊蹄山、ニセコ連邦、積丹方面は霞んで見えなかった。
この様に登山道が裏の沢コ−スに繋がっている、NTTコ−スから来た人は頂上看板がないとき
辿って捜す!やっぱり山頂看板あった方が良いのではないかと思います。

雪道はさえぎるもの無しどこでも歩けます、国道黒橋から約3時間で登れます。
スキ−・スノ−シュ−・つぼ足、時期によって分けてください。ピ−クに立てます
スキ−中級以上の人は快適に滑れます。雪道は最高です!スキ−帰り早い
10時40分三角点、裏の沢コ−スから来ても最高点の道はなかった。
夏山ガイドも三角点が頂上となっています、最高点は(1183m)前瘤です。
三角点高度計1177m
2年前から標高表示は四捨五入になりました。高くなった山、
低くなった山もあります誤差があります、国土地理の地形図を見てください。

inserted by FC2 system