北海道の山登山
喜茂別岳(裏の沢コ−ス新登山口)標高1177m
平成24年7月20日 天気 晴時々曇
コ−スはNTT電波搭コ−スより近いですが、今年は刈り分けありません草漕ぎです。
林道跡を歩道にした緩やかな登り、急登はありません、初心者向きです。
車は入れますが、山菜採りが入るようですが悪路、笹がかぶさり車傷つきます。
中山峠下りきって黒橋過ぎた所、
札幌からこの標識が見えてきたら近いです。
中岳線林道、ゲ−ト開放。
表示の裏に林道通行心得が書いてあります。
砂利、簡易舗装、道は良い、この山奥の道
ユニ−クな表示最高です。
札幌の林道もこうでなくちゃ・・・
右折、裏の沢登山口
草地の林道、車高低い車、腹草擦ります。
少し行くとS字カ−プ過ぎると道は広くなる。
竹の子採りに車入るようです。
国道230号線から中岳林道約3.7q 新登山口
これを真っ直ぐ行くと京極方面かな?
テ−プ下がっています、
笹の林道行く、山菜採りの車入っています この様な林道、車入らない方が良い
20分くらいで裏の沢コ−スと合流します。 今年は所々蕗漕ぎです、ゆるい登り道は広い。
二股、テ−プに従って右に行く
朽ちているが側溝の蓋、
林道跡を歩道にしたのだろう
おおばこ、踏んでふき漕ぎ
昨年は刈り分けがあったが今年は無い
両側笹の壁、笹の間から小喜茂別岳 山頂が見えてくる
展望が良くなってくる 登山道にハイオトギリ 
たいした草漕ぎでは、無い人気がない 這松帯過ぎれば
三角点頂上が見えてくる、左の笹壁の
上が最高点、道なし!
頂上 羊蹄山霞んでいる
晴れるとこの様な展望です、尻別岳、羊蹄山、ニセコ連邦、積丹方面。
定山渓天狗岳、神威岳、霞んでいるが先ず先ず見える。
札幌岳、狭薄岳、空沼岳、丹鳴岳
雲かかっているが並河岳、中岳、無意根山 霞んで尻別岳、羊蹄山

登山道に咲いていた花
オオバミゾホオズキ ヤマハハコ リンドウ
登山口〜2時間30分〜頂上〜2時間〜登山口  コ−スタイム4時間30分 休息含む 
蕗、アザミが大きくなり登山道にかぶさり、草漕ぎとなるが、通れます。
NTT電波搭コ−スより最短コ−スですが、刈り分け無し、NTT電波搭コ−スの方が楽かもしれません。

    
      


 
inserted by FC2 system