北海道の山登山
増毛・樺戸の山 黄 金 山 標高739m
平成24年8月3日  天気曇時々晴
平成16年10月初旬 天気晴時々曇

【交通】札幌から国道12号線、高速道路、道道28号線から国道451号線にはいる。浜益方面に向う
右側にすり鉢状の山が見えて来る実田橋、手前電柱の所右折、(浜益から約5km左折。)
札幌方面〜国道451号線道路から
黄金山が見え出したら気をつける。
札幌方面からは右折、この看板国道より
離れている注意、これより砂利道4km。
ど派手だからすぐ分かる 駐車場広く水洗トイレ、設備は最高です。
入山届け6時出発 小沢を二回渡る、この沢沿いを登る。
登山道整備され歩きやすい 旧道分岐どっちを取るかあなたしだい、新道を行く
全走行1900m800m来た 山頂が見えてくる、山頂は険しそう
急登りに入る 登山道ヤマアジサイ
ノリウツギも 急な所には階段
根の階段涸れたら心配する事ない・・・ ロ-プ頼る事ない急坂どんどん登る
山頂への登り岩場になって来る急坂ロ−プが張られている。
登っても登っても急坂、階段もある
歩いたメ-トル
旧道帰り下りる 山頂に近づいて来ると岩場になる、標高ではない
前瘤岩場始めてきた時は危険だと思ったが・・・
山頂ガス 今日もガス 頂上看板新しくなった
ガスで展望無し
前ピ−クを下がり、山頂の道細いが危険な事は
無い。頂上は潅木が茂り先行者が居る。16/10
振り返る細い前ピ−ク、前ピ−クは岩場で狭い足場も不安定、
風の強い時は危険、登らず引き返す人もいる様です。
16/10
幌天狗岳・郡別岳・奥徳富岳・増毛山地一望、天気が良ければ
積丹半島まで見えるそうです。登山道は無い、冬、雪道登山です。 16/10
下山 8時 帰りは旧道下る、転げ落ちるような急坂、慎重に下りる。
急崖下りるロ−プはあるが足場は悪い、ロ−プに掴まりロ−プ新しくなった、慎重に横ぎる。落石、浮石に注意 
崖、横切ると今度は転げ落ちそうな急坂。横向きに下りる、登山道は整備されている危険な事はない。
下りきると分岐まで平らになる
刈分けして歩きやすい。
天気が良いと増毛山地が見えるはず
旧道の下部は歩きやすい旧道を
上りに使った方が楽では・・・
下りて山頂を見上げる危険な所は
山頂の崖、下部だけ。


登山道に咲いている花々
モイワシャジン
急登登山道
シラネニンジン
山頂近く岩場
トウゲブキ
山頂近く岩場


黄金山は名前に魅せられて登りました。 標高739m 登り行程1.884mの山なれど
急坂、崖登りあり変化に富んで登山の醍醐味を味合わせてくれます、楽しめます。


登り新道1時間50分  下り旧道1時間30分  コ−スタイム3時間40分休息含む


        


inserted by FC2 system