北海道の山登山
【札幌近郊の山 小喜茂別岳 標高970m
平成28年3月27日 日曜日 天気 晴 スノ−シュ−
平成25年1月14日 月曜日 天気 晴 山スキ−
平成21年2月28日  土曜日  天気 晴 スノ−シュ−      
 
小喜茂別岳最短距離、真っ直ぐなコ−ス迷う事ない、山スキ−、スノ−シュ−で楽に登れる。 

 地図拡大
天気良かった最高な展望だった。スノ−シュ−28/3/27
喜茂別からくると中山峠登る手前 
 6〜7台の駐車帯がある
駐車帯から鉄塔目がけて真っ直ぐ国道歩き約200m。
送電線鉄塔赤く塗ってある所から登る。
コンパス鉄塔に合わすと真っ直ぐです。
交通量多い車に注意しながら歩く。深雪橋を渡り左に監視カメラ電柱、標識、送電線が横切っているすぐ分かる。
鉄塔と岩塔真ん中真っ直ぐ 新雪ラッセル、氷化の時もある。 この斜面は急どこでも登れますが松二本の間電線くぐる。
下は谷間上に雪庇がある、雪崩気を付ける!下は通らない
鉄塔左に見ながら、上に行くとなだらかな斜面になる。
これから広い斜面、コンパス山頂に合わす
 広い滑らかな平らな斜面  山頂が見えてくる  28/3/27
25/1/14 雪降ったあと、 3月はこんな状態
なだらかな斜面、 後振り向くと尻別岳、羊蹄山、この辺は植林かな木が小さいまばら。 28/3/27
尾根は広い樹林の中は迷う恐れあり

山頂見えない時はこの木目安
山頂下の樹林に入る、山頂尾根に急ジグザクに登る。
山頂尾根に入ると急になり、太いダケカンバになる   先行者右に行っているが左頂上を目指す。
 
振り向くニセコ連邦、最高な展望 28/3/27  暖かい雪がやわらかくなってきた、スキ−に最高。
山頂尾根は樹氷 抜かるからゆっくり一人鑑賞

 吹きさらし風が冷たい、ボトルの水、表面凍る−5度かな、帰り踏み跡消えていた。25/1/14上2枚
頂上 廻りは樹林、枝越しに喜茂別岳 28/3/27
 札幌岳、右に狭薄岳 鳥帽子岳、百松沢山、神威岳   望遠で 
 1月は雪がやわらかいぬかる、小喜茂別岳は、雪が固まった3月過ぎた方が
広い樹林が少ない山頂斜面は、山スキ−が良いのでは。 
   
 
左に中山スキ−場右に東中山
景色 見ながら下るのは最高、
 
 今日は暖かい天気よい、山スキ−でもよかった。


登山口(駐車場)〜2時間50分〜頂上〜2時間〜登山口  コ−スタイム5時間休息含む

GPSトリップメ−タ−
積算距離 5、84km  移動時間1時間50分  停止時間3時間23分

スキ−は平坦なところがある、上級者には物足りないかも・・・


 
             

inserted by FC2 system