北海道の山登山
増毛・樺戸の山 隈根尻山標高 971.4m樺戸山標高 890m
平成17年6月14日 天気晴時々曇り

交通はピンネシリと同じです。
隈根尻山、山頂近くの、根曲り竹の竹の子採りが目的です。7時15分出発
道民の森キャンプ場ここまで舗装。
トイレはここを借りた方が良い。
登山口まで砂利道一車線交差に気をつける。
ゲ−ト通りすぐ飛び石状態で渡渉。
すぐ二股分岐右に行く。
二番目の渡渉この様に丸太橋。
3.4.5.6と丸太橋を渡る。6番目が最後。 1km事にこの表示がある目安になる。
林道は整備され歩きやすい。
ここまで来ると一週間前と同じ花が咲い
ている。ここから林道がきつくなる。
根曲り竹が密生、竹の子がある帰り採ろう
と横目で行く。林道が荒れてくる。
 林道歩き一週間前はノウゴウイチゴ、ニリンソウが真っ盛りだったが、今日は花も終わり蕗、ウドなどが気になる。 今日は蒸し暑いやぶ蚊が凄い汗を掻くから体に群がる虫除けを吹きかけるがサッパリ効かない。
林道が急になり階段の所で林道終わり。 残雪があるぬかりながら。
稜線上に出る稜線にタカネ桜が
咲いている、山頂まで600m
山頂に近づいて来ると雪がこんなに積っているここの
竹やぶは太いここの竹の子目当てに来たが残念。
椅子の所もやぶ蚊が群がっている、刺される休んでられない。
ピンネシリは霧がかかっている、すぐ出発。
浦臼山への縦走の分岐。 隈根尻頂上10時30分 樺戸山に下りる。 
竹やぶの中にカタクリが咲いている。 チシマフウロ ヤシオツツジ
タカネザクラ オオカメノキ シラネアオイ
5/14樺戸山登山、雪で途中下山した思い残す山。ここから1km樺戸山に登ってみる。分岐から転げ落ちる様に下る。今この尾根道は花ざかり、エンレイソウ・ツバメオモト・ヒメイチゲ・エゾイチゲ・などが咲いている。写真撮りで時間が掛り30分でいけるところを45分もかかる。
分岐からコルに下りた所から、樺戸山を見上げる登山道が見えるきつそうだ。  隈根尻山から樺戸山に渡る細い尾根。地殻変動で出来たと思うが両側の谷間を見ながら行く、樺戸山の登り、はじめは少し笹漕ぎがある、それを過ぎると草つきの急坂小刻みに上がる、まだかな!と思った頃、頂上に飛び出す。樺戸山は相棒の小学校の校歌の歌詞に入っている。 
『眺め親しき樺戸山、嵐吹くとも働ぜざる・・』
相棒はこの山見て育った!村を見下ろす。
隈根尻山・右に待根山・ピンネシリが見える。
登山道開通昭和46年8月4日、年月が経って、
石柱がまがっている。
12時山頂看板、朽ち果てさびしい
左から神居尻山・ピンネシリ待根山遠くに増毛山地。
隈根尻山、左下に当別方面からの林道開削が見えるこのコル、トンネルかな!
夕張山地、十勝連峰方面は入道雲、天気が悪くなりそう隈根尻に戻る。下山12時15分

途中、山菜採りアイヌネギ・ウド・竹の子を1〜2回食べるだけ採る。

駐車場〜3時間15分〜隈根尻山〜1時間30分〜樺戸山〜2時間5分〜駐車場
登山口到着・14時20分 総行程時間、7時間5分。休憩、山菜採り、写真撮影含む。

  

inserted by FC2 system