北海道の山登山 
             札幌近郊の山 無意根山(薄別コ−ス)標高 1464m              平成15年9月7日 天気 晴のち曇

【交通】国道230号線定山渓温泉過ぎ、薄別バス停右折、砂利路5.6km登山口まで
道幅狭い路肩に気を付ける。無意根山は2度目の登山、初心者向きです。
ゲ−トに鍵が掛かっています、事前の入林手続きが必要 石狩森林管理署
ダイヤルイン 050-3160-5710  FAX 011-563-6113
入林承認申請書
          ↓宝来小屋前駐車場、250m先にも駐車場がある。出発 6時5分
宝来小屋の横が登山口、
ここまで車でこれない時もあります。 
針葉樹、笹の登山道


渡渉・飛び石つたいに渡る。
大蛇ガ原に出る!湿原一面に小さな白い花が咲いている。湿原のわきにリンドウ・ワレモコが咲いている。
リンドウが登山道、両側にさいている。 無意根尻小屋に着く、トイレ泊まれる設備がある。
急坂、ロ-プが張ってある、
上の方はすべる気を付ける。
この急坂すべる、ロ−プを
にぎりゆっくり登る。
尾根に上がると見晴らしが良くなる。はじめは笹の道、この辺のリンドウ寒さでしおれている。
9月はじめなのに紅葉がはじまっている。

天狗岳が見えてくる、登るときは晴
だったが雲って来た。予報はずれる。
神威岳・鳥帽子岳が遠望。 
ナナカマド・ハエマツの混雑林をくぐる。
ハエマツ帯を行く左に祠が現れると頂上。
頂上が見えてくるが、雲かかってくる。
頂上、9時50分、展望悪い!
10分くらいハエマツを掻き分けて行くと、旧頂上に出るケルンがある。ここも展望悪いざんねん。今日は大勢の人達が登っている雲が中岳と無意根山の間を流れる。10時20分下山  
左に行くと豊羽鉱山元山コ−ス。少し入って
見るが笹がかぶさって荒れている様だ。
無意根尻小屋に着く、ここから急な所はない。


晴れていると羊蹄山・ニセコ方面の山並が望めるらしい、ざんねん。天気の良い日に
又挑戦する。皆さん携帯用のコンロでお湯を沸かしコ−ヒタイム、羨ましい。 
私達は少しでも荷物を軽くするのでコンロは無理“体力”の差。 

登山口6時5分3時間55分頂上3時間25分13時25分登山口        
コ−スタイム7時間30分休息含む

【温 泉】
 定山渓 渓流荘 
古い建物だが、温泉は良い。入浴料 600円

35mmポジフイルム フイルムスキャナ−で取り入れ。
画像大きくすると荒れますこれが限界です。


         


inserted by FC2 system