北海道の山登山
【支笏湖方面の山】  丹 鳴 岳1039.6m〜フ レ 岳1046m
平成22年4月26日 月曜日 天気 晴れ

支笏湖で何時も気にしていた山登ってみる、林道歩きが6kmあるらしい、ついでにフレ岳も登って見る走行キロ数、約20kmある私の足だと11時間かかるだろう、朝早く雪のかたい内つぼ足で登る事にする。家4時20分出る
カシミ−ル3D地形図 GPS軌跡 林道は五つの橋を渡りながら美笛川を辿る。
赤上り・茶下り、点線は輪かんの人、これが楽なようです、落差約150mもある
アップダウンは厳しいです。フレ岳分岐とフレ岳山頂にピンクテ−プあり
途中何にも無し、このコ−ス入らない方が良いです迷いやすい地形です。
開発局のパ−キングエリア広い
東屋の所が林道入り口 5時30分出発
すぐ橋を渡り右切
また橋を渡り美笛川沿いを行く 林道まだ4kmある雪はかたい、つぼ足最高
昨日の輪かん跡一人、雪がかたい凸凹歩きにくい。
四つ目の橋渡ると林道分岐、川沿いにピンクテ−プ?踏み跡がある、真っ直ぐにテ−プは無いが踏み跡がある地図を見る右の林道途中で行き止まっている、輪かんの踏み跡を辿る、まぎわらしい、真っ直ぐに赤紐ぶら下げる。
林道終点から急斜面に入る、林道歩き2時間35分かかっている林道歩き終わるとテ−プが点々と付いている迷う心配ない、輪かんの人なれているらしく踏み跡しっかりしている。今日は先行者いる楽だ。
林間急斜面です 尾根に入ると広い尾根です
至るところにテ−プが巻いてあります迷う事ありません、苫小牧山岳会の奉仕だと思います。
山頂に飛び出す真下に支笏湖、風不死岳、樽前山、右に多峰古峰山
恵庭岳紋別岳支笏湖湖畔が 頂上9時55分後ろに小漁岳
フレ岳は後ろ下の瘤向かって超急坂下りる。
向いにフレ岳、小漁岳、漁岳、フレ岳どこから登る、この落差右の白い所は木がない
真ん中の樹木のある所に向かう事にする、先行者 看板の所真っ直ぐ直下りだその跡続く。
氷化が融け靴刺さる、ぐいぐい恵庭岳見ながら下りる。 先行者上の尾根に、私は、らくして少し下を行く。
丹鳴岳直下り、氷化の時はアイゼンがいる
約150m下がりコルへ今回はらくに下りれた。
先行者は右上を私は下を苦にならなかった。
アップダウンの感じで上りに着く。
登り始めは急だったが、つぼ足適度に埋まるから登りやすい緩い登りに入る木がないが雪崩れの心配なし。
夜中雲がかかっていたのだろう冷気で樹氷
頂上は広い見晴らし抜群、小漁、漁岳が。
広い頂上ここも立派な看板、夏道は
無い夏は笹原だろう。
少し下がって見晴らしの良い所に出る
頂上の所だけ木がある。
展望抜群、来た甲斐があった、恵庭岳目の前、紋別岳、湖畔の山
モラップ山、風不死岳、樽前山、多峰古峰山、支笏湖一望!
この景色見たさに疲れても見に来たくなる、山に登る者の宿命・・・
天気が良くなる、なだらかな丹鳴岳、体力ない人はここから引き返した方が良い。
フレ岳はテ−プなしアップダウンがある帰りコ−スはずすと迷う恐れあり。
ホロホロ山、徳瞬瞥山 そろそろ下山11時50分
尾根伝いに漁岳行けそう
羊蹄山雲かかる残念
先行者登った道戻っているが、木にピンクテ−プ見えるやめればよいのに、これが近道かな!行って見る。
ここも急坂、靴刺さる、テ−プは無いポイントに向かって真っ直ぐ行くが地形複雑修正しながらダウンアップ、右の沢に入ると林道に出れなくなる迷う地形。赤点、先行者これが安全
亀裂、雪崩れ避けて迂回する、下りると沢があったり吹き溜まり、上がったり下がったリ時間がくう!GPS見ながら修正しながら分岐ポイントに着く。
林道終点までテ−プぶら下がっている、林道までの急坂、つぼ足でらくに下りられた、気温10度
林道緩む歩きにくい、輪かんの先行者の歩幅違う、背の大きい人らしい余計疲れる。
林道ゲ−ト15時15分ここから約1.7km疲れた・・・歩いても歩いても林道!小鳥が飛んでくるが写す気力なし!
16時20分ヤット着く林道ゲ−トから疲れて1時間5分かかっている林道歩きが長い。でも今回は先行者の踏み跡があり、らくして登れた。

パ−キングエリア〜2時間35分〜林道終点〜2時間〜丹鳴岳〜1時間30分〜フレ岳〜
4時間20分〜パ−キングエリア  丹鳴岳〜フレ岳廻り6時間  コ−タイム10時間50分、
予定は11時間予定通りのコ−スタイムだった。
休み時間が多い参考になりません、ゆっくり登る人は参考にして下さい。



                    雪山登山目次


inserted by FC2 system