北海道の山登山
【札幌近郊の山】 西 岡 焼 山(山林Cコ−ス)標高262m

自然歩道、湿原山林廻り  平成26年5月~平成28年10月何回かまとめて  
 
地理院地図  平成28年10月16日 
森林散策路、自然歩道ゴルフ場コ−ス共焼山付近まで熊出没熊の糞があります。
熊対策、笛、鈴等を携帯のこと、複数で話しながら登ってください。
 平成28年8月10日 記録(山林外廻りCコ−ス)
西岡公園内は3コ−スあります、青線(山林)赤線(湿原)紫線(湿原)  
復路は黒線、茶線は近道(森林研究所・栗林学園、境歩道)
西岡公園入口 トイレ、水道、飲み水 西岡公園駐車場通り抜け

分岐には表示がある自然歩道に向う
 車で北時 公園地図、階段上がって東屋展望台 すぐ東屋ここから湖畔コ−スと山林コ−スに分かれる。
公園内は表示がありわかりやすい 
展望台から  水道取り口かな横に自然歩道がある  真っ直ぐ山林コ−スに行く 左は湖畔コ−ス 
西岡公園管理事務所 
バスで来た場合西岡水源地バス下り
西岡公園管理事務所前を通り
市の公園 歩道に入る、整備されている
湖畔に行く階段 木の説明などがある 上の広い歩道を行く  左の歩道は湖畔沿いに下りる。
上の歩道と水源地中間の歩道、 キャンプ場もある、車は上に道路がある。
クモキリンソウ ここにしか咲いていない花 花名知らない始めて見る おなじみの、
北海道あれこれさっぽろ発のホ−ムペ−ジの、ご夫婦に遇う、緑の中見落とし
行き過ぎる所、ここまで案内してくださいました、ありがとうございました。
オニノヤガラ
ウメガサソウ
イチヤクソウ科 7/17
クルマバソウ コンロンソウ
5〜7月にかけて湿地帯や歩道両側に咲く
湖畔コ−ス
左に曲がると水源地畔を行く。 公園内は整備されている
西岡水源地、新緑、向こう側にも自然歩道がある。  27/57/7影
畔から山林へ水源地のほとり気持ちが良い 表示が角々にある
立派なお休み処があり 山林コ-スに入る歩道は細いが楽しめる。
湿原分岐 自然歩道に行く 見られない小さい1p足らずの花、花名?
西岡公園終点  ここから自然歩道 西岡レクの森ル−トもある・車で来ると上に駐車場がある。羊ケ丘ゴルフ場道路
西岡レクの森の分岐まだ廻っていない  天気の良い日廻ってみる。
 どちら来てもここに出てくる、ここまでが西岡公園内 
 山林歩道は整備され快適です 自然歩道の表示も詳しい 
ここから自然歩道、白旗山までつながっています。
   
   


湿原地帯、登山道には、これらの花々が咲いていた。5〜7月始め
ルイショウマ  7月 オオバナノエンレイソウ 満開 5月中旬
エンレイソウ  5月中旬 ミヤマエンレイソウ
白花のエンレイソウともいう5月中旬
ピンクもある  5月中旬
ヒトリシズカ  5月中旬 タチツボスミレ
至る所に咲いていた  5月中旬
クルマバソウ  6〜7月
エゾサンゴサク  5月初め シラネアオイ  5月中旬 ウメガサソウ
イチヤクソウ科 7/17
スダヤヤクシュ 5月末 コンロンソウ? 5月末 マイズルソウ 5月末
自然歩道 白旗山までつながっている 
冬に来ると道が分からなくなるところです。 
向かって左回りと右回りがある左回りを行く。新緑の散策路最高です。
右回りは自然歩道、山部川分岐〜ゴルフ場出合〜白旗山に行く。
この様に旧自然歩道は良くなった四季を通して通れます。(冬はかんじき、山スキ−) 
   
   
焼山分岐、左焼山、500m ここまで3.4q すぐクランクして自然歩道だが、右西岡公園、自然歩道に戻る、
白旗山への縦走路 焼山下に着く!山頂は立入禁止!30歩で山頂
低山の宿命三角点木が大きくなる展望悪い。 歩道はついているが?ここから30歩だが?
 下山 栗林財団隣接、森林研究所の自然歩道  西岡公園の戻る分岐、
真っ直ぐの歩道へ行く、最短距離1.3q。
 ABコ−スの登山口に出る
橋に出る  西岡公園駐車場 バスの人は真直ぐ西岡5-14バス停200m
   

西岡公園駐車場〜2時間45分〜焼山〜50分〜西岡公園駐車場  一廻り約5.7q
コ−スタイム 3時間25分  休息含む 


                  西岡焼山歩道に咲く花々



inserted by FC2 system