北海道の山登山

札幌近郊の山 札 幌 岳(冷水沢コ−ス) 標高 1293m 
平成15年11月 2日 天気晴時々曇り
平成22年 6月25日 天気晴         再度訪問

札幌岳は我が家から見える山です恵庭岳、空沼岳、
狭薄山、札幌岳これを見て天気予報計画する。
【交通】230号線 定山渓温泉を過ぎ左に開発建設部の立派な
公衆トイレがある、すぐ信号左折、豊平峡ダム方面に行く〜
〜国道から3kmで登山口  広い駐車場 6時出発 真っ直ぐが登山道 
カシミ−ル3D地形図 GPS軌跡 深い谷間GPS不能になる。小屋から正常になる
鬱蒼とした暗いとど松植林に入る。 15/11  渡渉丸太橋 15/11
セリ科の植物 バイケイソウ
初めての渡渉ロ−プが
あるが頼らない。
クルマバソウ終わっている
スダヤクシュ標高1000m
まで咲いていた。
サイハイラン
林道に出る、登山口横の林道がここに来るのだろう。 林道渡って表示がある

平成15年11月2日の画像
10月過ぎると紅葉も終わり冷水沢の苔が素晴らしい。

登山道は整備されている冷水小屋まで急坂は無い。 渡渉六回目ここは飛び石、上に一跨ぎがあった。
冷水小屋見えてくる 冷水小屋利用出来ない鍵が掛けてある。
小屋の前に水が出ているが、沢の水飲まない方が良い顔を拭く程度。エキノコックス
小屋の裏の急坂登る15/11は
急坂ヒイヒイ言って登ったが

小屋の急坂相棒元気だった 15/11
展望がなく、潅木・ダケカンバ・笹の中をひたすら登るだけ。ゆるい登りから樹木越しに札幌岳が見えて来る山頂はまだ遠い。15/11
 小屋の横から急登り、10分くらい上がると少しゆるくなる。
それからが又ジグザクの急坂、登りきると樹木越しに無意根山・中岳が見えて来る。15/11

急坂の樹木の間から無意根山、羊蹄山見ながら登る。
急坂登りきって1000m台地に上がる
少しアップダウン昨日の雨で道が悪い。
マイズルソウが至る所に咲いている
この倒木から山頂尾根に登る 急坂ではないが岩石乗り越えの道
残雪倒木今日は倒木ここだけ5分で片付ける
残雪踏み抜く先に崩して渡る。
山頂尾根滑らかな登り山頂に着く『うん』何と読む?

山頂近く尾根に咲いていた
スミレも終わり色違い シラネアオイ少し残っている 緑のゴゼンタチバナ
ナナカマド今満開 最後のニリンソウ ハクサンチドリ
頂上9時45分気温25度無風暑いが虫がいない6/5は団体さんが一杯だった、
誰もいないゆっくりする。特製登山棒軽くて何処握ってもok熊よけになる。
展望最高!写真を撮る撮りまくるが手ブレが多かった・・・
後続者登ってくる山談義、早、昼食 11時25分下山

                  
 続く札 幌 岳 2

inserted by FC2 system