北海道の山登山
【札幌近郊の山】 朝里岳標高1.280m径由白井岳標高1.301m
平成20年3月18日 火曜日 天気曇り晴れ
朝里岳沢川の谷間は深い、雪崩やすい所の様だ。5日前から札幌国際スキ−場のトップペ−ジを開き天気、気温、積雪、風速を調べる。降雪はないが雨、気温がプラス暖かい硬雪になっているだろう雪の降らないうちに(硬雪に雪が降ったら雪崩やすい)前日の天気予報、朝から快晴、今日の天気9時から晴れの予報、当てにして札幌国際スキ−場に行く。
ネットで見ると沢登りはきつそうだ、楽してゴンドラで朝里岳、飛行場も見たい白井岳縦走の計画する。
 雪山ガイドはゴンドラを使うと手っ取り早い、それにするゴンドラ9時営業、8時40分に着くが曇り9時なったら晴れるに掛ける。今日はシニア割引一日券1000円、200円儲けた。上で吹雪いたらゴンドラで帰る予定で行く、登山届けは駐車場小屋で書く。
火曜日なのにゴンドラ駅に50人位並ぶ。
写真は帰り、登る時は山頂見えなかった。
ゴンドラ終点駅9時10分に着く仕度を整え喫茶店裏から9時13分出発圧雪車が朝里岳方面に道を作ってある。しばらく歩く、道は右に曲がっているスキ−先行者左に曲がるスノ−シュウ−に履き替えスキ−の跡を追う。
スキ−二人、つぼ足四人圧雪道路を歩いている「今日は雪が硬いつぼ足の方が楽ですよ」教えてくれるが、せっかくスノ−シュ−履いた、足の訓練になる、スキ−の跡を追う。
あれ!スキ−先行者いない?細い湿った雪、吹き付ける、樹氷、朝里岳山頂近いのだが平らだからまったく分からないGPSはもっと先だ地吹雪になってきたスキ−跡が消える。
あとからスキ−ひとり、私と同じ年代の様だ50才からスキ−はじめた様だ、私は20才の頃やめた、やめたのは生活のためだ、そんな事話をしているうち、だんだんスキ−遅れて行く振り返ると、ついて来た人見えなくなった、帰ったのかな?軽装備だから帰ったのだろう?私は重装備!
10時GPSはこの辺が朝里岳頂上、ここにする。@〜A地吹雪(ウインドクラスト)防寒帽役に立つ。高度計1295m誤差があるが良し。
これが飛行場かな?つぼ足隊先にいる、雪が硬いから地面を這う吹雪、空が明るくなってきたホワイトアウトにはならない大丈夫。
余市岳が見えない、何人か余市岳方面に行っているが吹雪でスキ−跡
消えている、余市岳登る二人コンパスで図っているこの様な時GPSは最高。
振り返る朝里岳の尾根は、なだらかで
広い、夏は竹やぶで見えないのだろう。
吹雪少し収まってきた先行者もいる
このコ−ス間違いはない。

樹氷、この風景を見れるのは山に登る人の特権
すごい急坂だ息を呑む・・・覗いたらビビル・・・
白井岳全貌10時45分急坂下だりB、つぼ足隊ここで休んでいる、右は雪尻ここよりおりる所はない雪は硬い爪を立て一歩一歩おりる、スキ−も段をつけて一段一段少しずつおりる、私は途中から尻すべり。スキ−の初心者はここから帰った方が良い。これから先は危険な所が多くなる。つぼ足はここからアイゼンを付けた方が安全です。
クラスト硬い急斜面つぼ足の方が良い。 つぼ足隊ゆっくり下りているから追い着くコル、
ここから白井岳の本格な登りになる。
途中までおりるが上のスキ−の
様だがおりてこない。
登りに入って振り向くまだ二人急尾根にいる
一人上でびびっている。
一つ目のピ−ク1190m南側なんとなく
過ぎた尾根、急坂には誰もいない。
二つ目のピ−クから札幌国際スキ−場、上には春香山。
二つ目のピ−ク1240m、つぼ足隊、北側をD巻く、スキ−は硬雪大変。一歩誤れば滑落慎重に行く。
私も爪を立てそろりそろ、ついて行く、雪山ガイドは南側が安心と書いてあるが。新雪だと雪崩れる恐れあり状態を見て巻いて下さい。踏み外したら滑落慎重に渡る。
 スノ−シュ−はこの様な所は弱い、すべりそうな所はシュ−を斜めに爪を立て食い込ませ一歩一歩行く(札幌製造シュ−)良く出来ている。アイゼンに付け替えピ−ク樹木の中を乗り越えた方が安全な様だ。
ここまでくればあとは急な所はない
先行者ばらばらに山頂に
山頂は広い360度見渡せる。つぼ足隊に
追い着く。一人写真撮影に忙しい!
 頂上11時50分360度見渡せるが曇って、
無意根山見えず、晴れそうもない。
定山渓天狗岳ここから見ると山容が違う。
飛行場さがって瘤二つ越えつらい登りだった。二つのピ−ク1240m、南も北も急斜面です。余市岳少し見える様になる、朝里岳の二人登ったかな。
春香山方面、私は沢コ-ス尾根下の沢を下りる
先行者は右尾根トラバ-スコ-スを行く。

朝里岳陽が当たっている。先に来た人戻りかったようです。 こっちが強行派
ここで昼飯、つぼ足隊とご一緒させてもらう、最後の二人着く。下山12時10分
朝里岳、飛行場尾根一直線、つぼ足隊について行くがコ−スが違う最後尾の人、「このコ−ス沢コ−スではないです」と教えてくれる。すぐ戻り沢コ−スに行く。踏み跡がない、下がはっきり見える雪崩の心配少ない沢直下だりにする。クラスト・アイゼンに履き替えて行く。最後の二人雪尻の上をかすめておりて行く。
D急だからジグザクに沢に向っておりる。つぼ足隊、右の山トラバ−スするつもりだ、つぼ足隊の隊長「この山は庭みたいなものだ」と言っていた。
スキ−は雪尻の上を右に回りこんで
ここえ着く私は左の樹木を直下り。
急沢おりてスノ−シュ−にE履き替え正規のコ−スに戻る。
私のコ−ス新雪の時は絶対におりないで下さい!雪崩れの恐れあり。
つぼ足隊、真ん中の木の下にいる
沢コ−スよりスキ−は良いかも。
沢風景この様な所スキ−は気をつけて下さい。
雪が硬いカ−ブ切れず大きく流れている、登り返しもある。
小雪崩、所々にあります、沢が深い
新雪、暖気、雪が緩んだとき。
スノ−ブリッジ、川が開けて来ている。途中つぼ足隊の下りた跡があったが早い様だ。沢は真っ直ぐだが登り返しがあるから遅くなるのかもしれない!
雪が緩んでくると水量が多くなるスノ−ブリッジが
なくなると、このコ−スは無理です。
このスノ−ブリッジ渡ればスキ−場だが危険、
沢沿に下だる。水量が多くなっている。 
山麓を道道に出る覚悟で行くと下にスノ−ブリッジがあった。スキ−場に飛び出す。今頃晴れて、空、真っ青!こんなものだ。
札幌国際スキ−場平日なのに駐車場一杯、
駐車場小屋に下山届。14時15分到着 標高610m

無事一巡できたゴンドラに乗って正解だった。沢通れなくなたらスキ−場登って往復が良い。

ゴンドラ〜10分〜終点駅〜47分〜朝里岳〜45分〜急坂〜1時間5分〜白井岳〜2時間5分〜駐車場
登り2時間37分 下り2時間5分 全工程時間・終点駅から駐車場まで休憩含む5時間

つぼ足○アイゼン携帯、 スキ−○上級者  スノ−シュ−○アイゼン携帯

 
                            

               雪山目次へ


inserted by FC2 system