北海道の山登山

  札幌近郊の山 空 沼 岳 標高 1.251m 
平成13年8月19日平成28年8月28日一つにまとめました。 

【交通】札幌方面から国道453号線。 中央バス路線採石場の中を抜ける、採石場の道路は入り乱れているが表示あるそれに従う。空沼岳は変化に富んだコ−スだが長距離登山です。登って見て無理だと思ったら万計沼か真簾沼で引き返す、自分の体にあった所で戻る。
 平成28年8月28日 現在は登山口100m林道決壊で登山口まで行けません。
バスは土日限定で登山口まで通っています。真駒内駅7時15分発です。
開発局トイレつき駐車場過ぎるとにぎやかな看板
常盤神社下バス停(中央バス)右折
国道分岐から約4.6km、砕石場構内は指示標識に従う構内に入り込まないようにゲ−ト、くさりなど張ってあります。
土日限定でバスはここまで来ます。
登山道は急坂は無いが、樹林と所々湿地帯の繰り返しの登山道、登山靴汚れます。
気にしないで踏み込んで登ったほうが楽に登れます。
真駒内川を渡る一車線の砂利道
現在は林道崩壊登山口まで入れません先の駐車帯が
満杯の時はここに5〜6台停めれます。28/8/28

ここまで駐車帯が3〜4か所あります、この先も一台づつ
停める個所もありますがここが無難です。28/8/28
採石場から砂利道約1.3km広い駐車場〜3
林道は完全に崩壊修復のめどはない 
 完全に流され岩肌まで露出ロ−プへつる 前はここまで来れたが岩石ごろごろ28/8/28
 
9年前は鉄橋だった、山荘4.2km頂上7.7km
丸太橋は流されるたびに変わる、流木を渡る。28/8/28
 
標高367m標高差884m
この登山道森林管理署管轄かな。
この道は3度目、万計山荘までまで4.2km
標高差446m緩い登り、樹海の中を癒しの歩き。
この木から新聞何枚・ロ−ルペ−パ−何ロ−ル・
テイッシュ何箱、答えは後ろに書いてあります。
大木の倒木山荘まで4〜5本ある,この二本はう回路があるがあとは潜るのに這えつくばって!
掘れた道湿地帯もある靴汚れても気にしないで登る。 一生懸命登っているのに1qしか登っていない。
小さな沢3回渡る 沢沿いの道は春雪融けの時道は、えぐられる石段登る。
やっと半分来た目安になる 桂の倒木もったいない
マタタビの花  6月 コンロンソウ  6月 水芭蕉葉が立派  花は雪融の時期
マイズルソウ、クルマバソウ、スダヤヤクシュが少し咲いていた
湿地帯が所々、丸太は敷いてあるが
年数が経つと壊れてくる靴の汚れ気にしない!
石の登山道石の上飛びながら行く、転ばない様に注意!
荒れて凄い!ここが最後だが不安定、恐る恐る渡る!28/8/28
流される前は、はしごがあった、名残  28/8/28
 
あと500mもう少し  この小滝の上が万計沼、登山口から4.2km長く感じる、
万計沼から流れ落ちる小滝、
万計沼着いた 森林管理署所有で登山会が監理しているようです。 ここで一服

何時来ても神秘的な沼だ!ここから帰る人もいる  3枚つなぎオ−ト撮影 24/7/10
静かな沼ここで20分休む、2枚つなぎマニアル撮影 22/6/18
空沼小屋 大学生の保養施設らしい  26/6/25
ここはいつ来ても良いのどかだ ミツガシワが咲いている   26/6/25
ミツガシワ 空沼岳 3.5q これから緩急の登りになる


登山口から万計沼までの登山道に咲いている花々 22/6/18の画像
スダヤクシュ マイズルソウ ノビネチドリ
水芭蕉終わり葉が立派 タチツボスミレかな ツバメオモト
ミヤマエンレイソウ ミツガシワ
ヒメイチゲ
エンレイソウ、クルマバソウが登山道に咲いていました。


           空沼岳2へ続く

inserted by FC2 system