北海道の山登山

  札幌近郊の山 空 沼 岳(から沼展望台) 標高 1251m 
平成13年8月19日 天気 晴
平成22年6月18日 天気 晴
 再度訪問

空沼岳は、わが家から見える山です。札幌近郊の登山はこの山を見て天気の予測する。
【交通】札幌方面から国道453号線。 常盤・真駒内スキ−場方面に右折、スキ−場右に見て採石場の中を抜ける、採石場の道路は入り乱れているが表示あるそれに従う、真駒内川を渡り林道に入る、林道は凸凹道、徐行運転。

空沼岳は変化に富んだコ−スだが長距離登山です。登って見て無理だと思ったら万計沼か真簾沼で引き返す、自分の体にあった所で戻る。
開発局トイレつき駐車場過ぎるとにぎやかな看板
常盤神社下バス停(中央バス)右折
国道分岐から約4km、砕石場構内は指示標識に従う構内に入り込まないようにゲ−ト、くさりなど張ってあります。
雪道を入れて真簾沼まで三度目慣れた道(から沼)の笹藪どうなっているか登ってみる9年経ってもやっぱり藪だった。展望良いのに登山会は整備しないのかな?刃の圧手の鎌で結構切れる少し片付けた。踏み跡はある行く人が居る・・・
採石場から砂利道約1km広い駐車場
9年前と変わりない。
9年前は鉄橋だった、山荘4.2km頂上7.7km
5時40分出発
この道は3度目、万計山荘までまで4.2km
標高差446m緩い登り、樹海の中を癒しの歩き。
この木から新聞何枚・ロ−ルペ−パ−何ロ−ル・
テイッシュ何箱、答えは後ろに書いてあります。
大木の倒木もったいない下くぐる。 万計沢沿いを登る
登山道は森林管理署、管轄整備されている。
一跨ぎの渡渉4回あるがここが最後だが不安定。 この滝の上が万計沼、4.2km長く感じる

9年前相棒元気だった  平成13年8月19日撮影

森林管理署所有で登山会が監理しているようです。 看板年期が入っている

登山口から万計沼までの登山道に咲いている花々
スダヤクシュ マイズルソウ ノビネチドリ
水芭蕉終わり葉が立派 タチツボスミレかな ツバメオモト
ミヤマエンレイソウ 万計沼水面に咲いていた望遠で ヒメイチゲ
エンレイソウ、クルマバソウが登山道に咲いていました。
曇っているがまずまずだ、3枚つなぎマニアル撮影
静かな沼ここで20分休む、2枚つなぎマニアル撮影


 空沼岳2へ続く

inserted by FC2 system