北海道の山登山
積丹半島 積 丹 岳 標高 1255m
平成24年 8月29日 水曜日 天気晴

積丹半島に只一つ登山道のある山、いつも仕事でここを通るたびに見ていた山です。
札幌から日帰り出来るコースです、朝6時家を出る高速道路で積丹に向かう。
舗装道路を1km行く砂利道になる約2km雨裂がある腹擦る所もある、
気を付けながら行く。登山口まで3.3q〜
国道229号線美国町過ぎて左に
積丹岳が見えて来る。
右にレストランが見えて来たら
スピ―ドをおとす。三角橋〜
小川橋渡ると左折、 国道沿いに「登山口」と書いたバス停がある
山小屋に着く 水場、靴洗いもある
たたみも新しくなり気持ちが良い、休憩所の内部 
布団、台所流し、テ-ブル、椅子、石油スト−ブ、
電気があればチョットした1DKホ−ム。無料
申し込みは積丹町役場 この部屋の中で登山届けを書く
駐車場のところが登山口。8時出発
登山口にハンゴンソウ 両側樹林、登って10分もしないうち3合目?
1合目は道路、砂利道からかな?
17/10 左の表示古い 道は良い
倒木跨ぐのに大変 
立派なミズナラ、皆さん鑑賞、木の周り道がついている。
根曲りダケが密生している、竹の子の
時期は、たくさん採れるだろう。
刈り分けして歩きやすいが展望がまったくない
倒木潜り抜けるのに腹ばい 新旧古いの外しても良いと思うが
倒木の迷路、登っても登っても樹林が続く、 何か書いてアッタが忘れた又展望はない
展望開けるが この様笹が3?はあるでも道は良い
ここまで急登はない3m幅で整備
ヤット見晴らしがよくなる 山頂の斜面にはいると岩礫の道になる
展望良くなる ハイマツすぎると、ハイマツの根漕ぎもない
三角点 地蔵台、地蔵さん壊された17/10もなかった 11時10分頂上
霞んで両古美山、当丸山 ポンネアンチシ山、遠くに珊内岳 ニセコ連峰、羊蹄山見える筈だが。
日本海霞んで見えず 17/10は先に踏み跡があったが、笹漕いで先へ行って見る
山の間から神威岬が少し!晴れていると日本海が見えるはずぼやけている。
展望が良くなるが 霞んでいる美国市街
余別岳登山道はない 雪道残雪のあるとき登るようだ。
山頂振り返る 山火事で枯れ死したハイマツ、頂上よりここの方が天望良し。 11時50分下山 40分もいた
ハイマツの道も整備されている下りは早い
瘤が連なっているが、左を下りる。
後続者70才 皆さん元気だ
見納め コガネギクだけが目に付く
テントの沢?小屋のないとき張ったかな・・・ 一台足りない本州の人だが二組に会ったが?
下で泊ったと言っていたが国道から歩き?

登山道に咲いていた花々
コガネギク 至る所に コモチミミコウモリ 中腹 ツバメオモト実
ハイオトギリ 遅咲き サラシナシヨウマ これも これ食べれるかな?

登山口2時間10分頂上2時間20分登山口 コ-スタイム 6時間30分 休憩、写真撮影含む
最初から展望のない笹の道だが、山頂は最高な展望です。前の日に来て小屋に泊るも良いです。
紅葉の時期も良いです。積丹町はこの山に力を入れている初心者向きの山です。

学校を改造して温泉にしたそうです、一望館 17/10 現在は立派な温泉施設になった、料金も同じ500円

古平町高台にある、神社通りを上る国道沿いに看板あり。 
【温 泉】ふるびら温泉 しおかぜ 入浴料500円
【泉 質】
カルシュウム 塩泉   湯の色 茶
【効 能】神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・切り傷・やけど・冷え性・ 慢性皮膚病・
  


        



inserted by FC2 system