北海道の山登山
支笏湖方面の山 徳 舜 瞥 山 標高1309m
平成24年10月21日 日曜日 天気曇時々晴
札幌中心から支笏湖径由〜中山峠径由どちらでも約2時間、早朝我が家6時出発〜登山口8時出発
国道453〜国道276〜道々86〜 左三階の滝、駐車場トイレ、白老〜円山線
曲がってすぐ表示あり、この辺紅葉真っ盛り! 平成13年に来ているが、すっかり変わって表示新しい。
ここまで舗装されている先客一台すぐもう一台到着。
寒い+2度ゴアの上着、着る、8時出発 
案内図ジグザクの直登り、平成13年7時間かかっている
ホロホロ山往復7時間の予定で登る。
すぐ登山口ポスト、荒れた林道に入る ここが5合目、林道の入り口が1合目かな!
俺の脚では無理140分だな・・・
ガラ場の道になる、左登山道に入る 登山道には岩がある始めは緩い
沢を渡る水は少ない、上に伏流水、冷たく美味しい
ガラ場、山が急、雨量が多いと流されるのだろう 緩い登り高山植物が6月花が咲く事だろう。
旧道合流点、禁止になっている 葉がない、山頂時々顔を出す
7合目から急騰、岩礫、ガラ場、根の階段ジグザクに登る
9合目見晴台、昔は展望良かったのだろう
樹木で展望さえぎる、大滝の方面少し見えるだけ
ジグザクが小刻みになり頂上に飛び出す。
曇ってきた寒い-2度 10時10分
羊蹄山、下に大滝温泉街 オロフレ山、來場岳、雲の流れ早い
暗い雲と稜線間から支笏湖 アップして白老岳、雪道の山
ホロホロ山11時まで着ける、登って見る!
真ん中振り返る、徳舜瞥山立派な山だ! あと半分11時まで着ける
30分で来た、看板新しくなった-2度、寒いが昼飯にする。 支笏湖、雲が厚くなってきた、手がかじかむ!寒い下山!
戻ると日曜日、大勢登ってくる ホロホロ山見えなくなる、霧氷だろう、一瞬晴れる、
白老コ−スから登った人、晴れるのを待つ 11時50分下山
登る時気がつかなかった徳心別山? 紅葉は終わり茶、黄葉
黄葉 13時40分到着 登る時2台だった10台、先に帰ったの5〜6台。


登山口〜2時間10分〜徳舜瞥山頂上〜30分〜ホロホロ山〜2時間50分〜登山口
コ−スタイム 5時間50分 寒いから身体動かす、早く登れた・・・
11年ぶりに登った、コ−スは整備され楽に登れた。

早く着いたので大滝村の『ふれあいの湯』に入り温まる。
明日は天気良さそう白老コ−ス、紅葉見頃だそうだ、三段の滝,駐車場,車中泊。


                       ホロホロ山(白老コ−ス)



inserted by FC2 system